地域 神奈川

日産の先祖帰りか! ゴーン事件は塩路委員長事件と酷似

日産自動車ゴーン会長の逮捕収監事件は世間の耳目を集めるショッキングなニュースでした。 既にその罪状など報道され事件の概要は周知の事実ですが、この突発事件に対応する現社長はゴーン氏の屈指の側近ですが、記者会見で慌てるふしもなくゴーン氏に対する…

[地域][風俗] 港ヨコハマ(6)−6 横浜市の裏窓を覗く

関西、上方と比べお江戸東京は徳川家康公以来と可なり新しい都会に属しますが、…当地横浜は更に、幕末の井伊直弼さんによる安政6年6月2日(1859年)横浜開港後の僅か157年間の歴史です。 神奈川県の横須賀市、横浜市ともに日本の近代化過程で当初、重要な…

[地域][風俗] 港ヨコハマ(5)−6 ネイティブ横浜 黄金町 真金町 永楽町

横浜の観光名所は差し詰め横浜の顔です、殊更並べる立てなくても周知の有名スポットは数多あります。……そこで、アナクロニズム感覚が慣習化した私が注目した横浜とは…モダン都市の隠れた顔とも云える横浜の来し方と、それを曳きずる街を歩いてみました。……で…

[地域]  港ヨコハマ(4)−6 横浜の下町 中区の今昔

横浜市を構成する庶民の町に寿町があります。前時代の港湾荷役に係わる横浜市の重要な労働者の住む街で、寿町は更に中区の街々の象徴的な存在でもありました。即ち、過っての横浜という大港湾都市の住民のネイティブランド的雰囲気が中区の存在感かと思いま…

[地域] 港ヨコハマ(3)−6 コンテナ革命と街の現象

海運のコンテナ革命が起る以前の横浜旧市街は上陸した船員の憩いの街として酒と女性の歓待場所のバーなど夜の飲食店が繁盛し港町の風情がありました。昭和30年代には海運界を席捲したギリシャ系船主所有のギリシャ船の入港が多くギリシャ人船員相手のバーが…

[地域] 港ヨコハマ(2)−6 時代は終わった!激変メカニズム

その昔の横浜港はかなり狭く現在の瑞穂埠頭(ノースピア)と山下埠頭の内側を結ぶ線上の沖合いに内防波堤とその先端に赤灯台、白灯台があり、沖取りブイ係留の貨物船(カーゴ)の林立するデリックの垣間に望見できました。この一帯が前時代の港で、現在の横…

[地域] 横浜今昔(1)−6 消えたセンチメンタル

東京都に次ぐ日本第二の都市人口を抱える現代の横浜市のイメージは4〜50年前とは可なり変化し、その昔はイノシシが出たと言う長津田、青葉台付近まで広大な住宅街を構成しております。 恐らく横浜市住民の大半は”港ヨコハマ”と乖離したニュータウン横浜市の…

[人物][地域] 横須賀事情(7)−9 横須賀の落穂拾い 小栗忠順という日本人

[ ベルニー公園対岸の自衛艦隊潜水艦 前回に引き続き横須賀探訪ですが、為るべく日米NAVYがらみの話をさける筈でしたが所詮は明治以来の軍港の街ですから無理な事でした。 《明治絵地図説明》 (1)江戸末期着工のドライドック (2)ドライドック (3)ド…

[風俗][地域] 横須賀事情(6)−9 横須賀の落穂拾い 横須賀の遊廓

今回は旧遊郭、赤線地帯に関わるお話です。敗戦直後の失業都市横須賀を支えたのがUS NAVYの落とす金…、ドブ板通り界隈のAサインバーと健気な”大和なでしこ”のオンリーさんや洋パン嬢が外貨を獲得しておりましたが、本題の遊廓と云われた場所が安浦、皆ケ作、…

[探訪][地域] 横須賀事情(5)−9 横須賀と芥川龍之介

既に横須賀のMSDF(海上自衛隊)とUS NAVY絡みのお話はブログに記載いたしましたので、今回は武ばった土地柄に一輪の花を添える話から始めます。 と、なると芥川龍之介の海軍機関学校英語教官時代の作品ですが特に印象に残った短編を転載してみました。 ”蜜…

[地域][歴史]  横須賀事情(4)−9 海上自衛隊の創設期とU.S NAVY

神奈川県の中小都市として軍港の顔をもつ横須賀市が存在いたしますが、地域の展望も現状持続と考えられます。 山がせまったリアス式海岸線に沿う市街の地形的な制約は変わりようなく経済活動の選択肢は殆どないように思えるのです。但し軍港としての経済価値…

[地域][歴史]  横須賀事情(3)−9 海軍遺構と長浦港自衛艦隊

日本国と云う曖昧国家の曖昧組織が自衛隊とされます。 世界有数の防衛予算を必要とする自衛隊は軍隊でもなく交戦権もありません。… 発足以来、昭和30年代は税金泥棒とは自衛隊員の代名詞だったのです。 先頭に立って違憲集団と非難罵倒を集中させていた大…

[地域][歴史]  横須賀事情(2)−9 横須賀帝国海軍の物語

今回は横須賀軍港の象徴駅JR横須賀駅から始めます。往時、この地にアクセスするローカル線として明治22年東海道線大船駅から横須賀線が開業しました。西南戦争の12年後の事ですから如何に重要路線であったかが分ります。 その経緯とは、徳川時代末期、…

[地域][探訪] 横須賀事情(1)−9 横須賀 街の今昔

明治まで三浦半島の一寒村に忽然として西洋式の近代工業が根付き今日の横須賀の街が形成されます。小栗忠順と云う幕臣の不屈の置き土産が横須賀に日本近代工業の源泉を残した産みの親だったのです。 幕末、日米修好条約批准使節の目付けとして渡米した人で、…

[事件事故] 海難(6)−6 ”京浜運河の第一宗像丸海難事故” 或るヒューマンエラー

お彼岸か!、なにか季節感がたりないな〜、オハギでも買って喰うか…… さて、東日本大震災に付随した東電福島第一原子力発電所の爆発事故災害は国内事情では済まされず、その影響は世界に波及してしまいました。 原発設計段階での地震、津波の知識不足か、故…

[地域][歴史]  みなと横浜変遷記

海運を含む物流を現代ではロジステイックと云う様でして、学問の分野でも独立して、日本発の世界標準にジャストインタイムなどと在庫を置かない有名なシステムがあります。必然的に一時代前の物流手段は総て規格外の不必要なものとしてほぼ壊滅しました。 当…

[地域][風俗] 横須賀事情(9)−9 横須賀のオンリーさん

阿木耀子作詞 宇崎竜童作曲のダウンタウン ブギウギバンドの歌が以前ありましたが、戦後の横須賀の街を説明するのにピッタリのイメージと思います。 敗戦以来帝国海軍の壊滅で産業らしき物は皆無の街にNAVY相手の外人バーが唯一 活気のある商売でした。 昭和…

[地域][風俗] 横須賀事情(8)−9 洋パン嬢とオンリーさん

戦後風俗は特殊飲食店と云われた赤線、その他に青線が存在しました。 御存知かと思いますが江戸幕府以来の遊郭が大日本帝国敗戦まで公娼制度として営業してまいりました。 しかし、この制度は昭和20年8月、日本を占領したマッカーサー司令官の命令、日本…

[将軍家][歴史][人物]  崇源院お江与の方 (3)−7 今に残る霊牌所と各地重要文化財群。

歴史に遺構は付き物です、なにが読み取れるのかが楽しみです!。 今回は鎌倉建長寺に現存する芝増上寺崇源院霊牌所の話しから始めます。この巨大建築物には多くの史実が織り込まれている筈ですから。 その前に、先ずは”お江与の方”崇源院に係る国重要文化財…